知らなきゃヤバい!オンラインカジノで稼いだ時、税金ってどうするの?

カジノといえば、オンライン、オフラインに限らず、一攫千金を獲得できるチャンスですよね。「一夜にしてミリオネア」「億り人になりました」ということも、実際夢ではありません。

その時に気になるのが“税金”です。オンラインカジノで稼いだ金額は、「一時所得」に分類され、年間を通して50万円以上稼いだ場合は、課税対象となり、確定申告を行う必要があります。

一時所得の計算方法は、一時所得 = 総収入額 ― 総支出額 ― 特別控除額(最高50万円)となります。そこから、支払い義務が生じる所得税の計算方法は、一時所得×1/2=所得税となります。

※上記の計算で出された所得税に、他の所得と合わせて税率を計算すると、実際に納める金額が算出されます。

また、サラリーマンの場合、給与以外の収入が20万円以内の場合、という条件が加えられるため、70万円までは確定申告の必要はありません。

3 2か所以上から給与の支払を受けている人のうち、給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整されなかった給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得金額との合計額が20万円を超える人

No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人(国税省HP)

また、無職、あるいはオンラインカジノやギャンブル以外での収入がない場合は、126万円以下は課税対象となりません。お住まいの地域によっては、140万円まで税金がかからない場合もあります。

確定申告のやり方は?

確定申告は、通常、毎年2月16日〜3月15日に行われます。確定申告には、源泉徴収票、支払調書が必要となります。支払調書は、発行してくれるオンカジサイトと、発行に対応していないオンカジサイトがあります。ご使用のオンカジサイトで支払調書を発行してくれるか、サポートへ連絡を行い確認しましょう。

もし、オンカジサイトが支払調書を作成してくれない場合、どうすればいいのでしょうか。答えは、「自作する」です。支払調書は、企業側が作成したものを使用することが一般的ですが、自作した支払調書を正式な書類として添付することが可能です。

支払調書を自作する場合、一時所得として獲得した1年分の収支を、Excelにまとめていきます。項目としては、1ヶ月あたりの収入と、その収入を得るために支出した金額、内訳をそれぞれ記載します。

もし、作成方法に自身がない場合や、初めて作成される場合は、お近くの税務署で専門の担当者へ相談したり、税理士や会計士に作成を依頼したりすることをおすすめします。

負けた金額は計算に含まれない!

確定申告が必要となる「50万円(70万円)」は、勝利金のみが計算されます。利益があった場合の支出のみが計算されるため、負けた時の支出は、一時所得の支出金額に含まれないのです。

日付支出金額(ベット額)収支金額(勝利金、負けた額)
1月1日50万円-50万円
2月1日20万円60万円
3月1日30万円90万円
合計50万円150万円

上記の場合、収支金額は60万円+90万円=150万円となります。(負けた50万円は、計算に含まれません)

支出金額は、20万円+30万円=50万円となります。(損失となった場合のベット額は、計算に含まれません)

そのため、一時所得は、150万円-50万円-50万円(特別控除額)=50万円となり、50万円の1/2である25万円が課税対象額となります。

確定申告しないとどうなるの?

まず、納税は日本国民の義務として定められています。そのなかで、もし、確定申告を行わなかった場合は、申告漏れとして、下記のペナルティを課させることがあります。

①無申告加算税

納付すべき税金に加えて、さらに追加で支払いの義務が発生します。これらは、納付額によって異なり、納付額の5〜20%を追加で納付する必要があります。

②延滞税

こちらは、故意でなくても、確定申告の申請期間を過ぎてしまった場合に発生します。定められた申請期限の翌日から、完納する(支払うべき全ての税金を払い切る)までの延滞税を、合わせて納付する必要があります。

③ほ脱

いわゆる脱税のことです。不正な手段によって税金を納めなかった場合は、重大な犯罪として「5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金、またはその両方」が課せられます。

芸能人や大企業の役員などが、脱税したとしてニュースで大きく報道されていますが、一般人であっても実名報道される可能性はあります。

オンラインカジノで稼いだら確定申告を行おう

オンラインカジノで稼いだ場合の確定申告について解説してきました。オンラインカジノで稼いだ金額は、一時所得となり、そのうちの1/2が課税対象となります。

ジャックポットで大勝利したり、予期せぬ大当たりを出して、50万円以上勝った場合は、きちんと確定申告をしましょう。